人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.18

愛犬を飼っているドライバーの4人に1人が「週1回以上、愛犬とドライブに出かける」

ペットフード協会の発表によれば、2016年の犬の飼育数は全国で約987万8000匹。猫が約984万7000匹と、その差はわずかながら犬が上回った。そんな中、Honda車をさらに魅力的・快適・安全にする製品を提供するホンダアクセスは、自家用車を保有していて犬を飼っている人を対象に「愛犬とのお出かけ・ドライブに関する調査2017」を実施。その回答状況とデータ分析結果を公開した。

まず、全回答者に飼育している愛犬のサイズを聞いたところ、「小型犬」が67.6%で最も多く、「中型犬」が27.2%、「大型犬」が5.2%となった。
男女・世代別にみると、男女どちらも30代は「中型犬」(30代男性33.6%、30代女性31.2%)の割合がそのほかの世代よりも高く、男性では世代が上がるにつれて「小型犬」の割合が高く(30代男性64.0%→40代男性68.8%→50代男性70.4%→60代男性74.4%)なり、女性では「大型犬」の割合がやや高く(30代女性・40代女性ともに4.8%→50代女性8.0%→60代女性8.8%)なる、といった特徴があるようだ。
愛犬とのお出かけ・ドライブに関する調査2017

どのくらいの頻度で愛犬を散歩に連れて行っているか聞いたところ、「ほぼ毎日」が65.1%で最多回答となり、「2~3日に1回」が10.3%、「4~5日に1回」が4.4%、「1週間に1回」が5.6%で、それらを合計した『週1以上』が85.4%となった。愛犬のサイズ別にみると、小型犬では「ほぼ毎日」が58.3%、中型犬は77.6%、大型犬は88.5%。また、愛犬の年齢別にみると、子犬(1.5歳未満)では「ほぼ毎日」が58.5%、成犬(1.5歳~9歳)では70.9%、老犬(10歳以上)では58.6%となった。
愛犬の体格や年齢、健康状態など、様々な要因によって愛犬に必要な運動量は異なってくるが、ほとんど毎日散歩に連れて行っている飼い主がどの層でも過半数となった。愛犬の健康状態をしっかり観察しながら、愛犬と一緒の散歩を自身も楽しんでいる愛犬家が多いようだ。
愛犬とのお出かけ・ドライブに関する調査2017

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ