みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >ライフスタイル
  3. >ファン垂涎!往年の寝台列車のヘッド…

ファン垂涎!往年の寝台列車のヘッドマークを纏った「越前蒔絵時計」(2017.10.18)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

左から北斗星、ゆうづる、日本海 かつては日本列島の主要幹線を走っていた寝台列車も次々に姿を消し、定期運行としては、東京駅と高松駅(香川県)・出雲市駅(島根県)を結ぶ「サンライズ瀬戸・出雲」を残すのみとなった。 裏蓋には、ヘッドマークの装飾を手掛けた伝統工芸士の名と列車名などが刻印される。ムーブメントを含め信頼の日本製である。 そんな往年の寝台列車のヘッドマークを、文字盤にあしらった腕時計をご紹介しよう。文字盤を手掛けたのは、越前(福井県)の伝統工芸士、山田秀樹さん(塗師)と塚田一峰さん(蒔絵師)である。1500年の歴史を持つ越前漆器をキャンバスに、研ぎ出し蒔絵の技法でヘッドマークを緻密に浮か...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。