人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.16

超クールなG-SHOCKの35周年記念モデル『GOLD TORNADO』

カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」が2018年4月に誕生35周年を迎えるにあたって、その記念モデルとして、ブランドカラーをベースにゴールドカラーを随所に使用した華やかな『GOLD TORNADO』を11月10日より発売を開始する。
ラインアップは新世代モジュール「Connected エンジン 3-way」を搭載した『GPW-2000TFB』11万円、軽量で高い剛性を持つカーボン素材をベゼルに採用した『GST-B100TFB』9万円、そして液晶にゴールドカラーを施した本格ダイバーズウオッチ“フロッグマン”『GWF-D1035B』13万5000円、となっている。

(左から)GPW-2000TFB / GST-B100TFB / GWF-D1035B

「G-SHOCK」は、「落としても壊れない丈夫な時計を作りたい」という開発者の思いから1981年に開発がスタート。1983年の初代モデル誕生以降、「Absolute Toughness」というコンセプトを貫きながら、常に進化を続けてきた。

今回発売される『GOLD TORNADO』は、ブランドを象徴するブラックとレッドをメインに、随所にゴールドカラーを採り入れることで35周年記念の特別モデルにふさわしい華やかさを演出したモデルだ。力強さを印象づけるブラックのボディに、鮮やかなレッドを2色成形バンドの裏側や文字板上に配した「SINCE 1983」の文字などに配色。各モデルそれぞれの主要なメタルパーツであるベゼルやケース、ビスにはゴールドIPを施したほか、その他の箇所にもゴールドカラーをふんだんに使用している。

今作のポイントであるゴールドカラーは、G-SHOCKが誕生以来、世の中にインパクトを与え続けるべく、常に新しいタフネス構造を開発してきた背景と今後も驚きと感動の旋風を巻き起こす輝かしい存在でありたいという思いを表現したもの。

裏蓋には、世界的に有名なグラフィックアーティスト、エリック・ヘイズ氏がデザインした35周年記念ロゴを、そして遊環には“35”を表すスターマークを刻印。さらには、ゴールドを大胆に配色したスペシャルパッケージを用意するなど、特別なモデルに仕上げた。

GPW-2000TFB

『GPW-2000TFB』のサイズは66.0×57.1×18.2mm、約120g。TRIPLE G RESIST(耐衝撃性能、耐遠心重力性能、耐振動性能)。20気圧防水。JIS1種耐磁性能。受信電波/GPS電波:1575.42MHz。標準電波:(日本):40 kHz(福島局)/ 60 kHz(九州局)、WWVB(アメリカ):60 kHz、MSF(イギリス):60kHz、DCF77(ドイツ):77.5kHz、BPC(中国):68.5kHz。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ