人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.14

2020年度スタートの大学入学共通テストの詳細を把握している中高生の保護者はわずか3%

10月に入り本格的な秋の到来を感じさせる今日この頃。しかし受験生にとってはセンター試験まで100日を切るなど、次第に緊張感が高まってくる時期でもある。そんな中、個別指導の学習塾「明光義塾」を全国展開する明光ネットワークジャパンは、中・高校生の子どもをもつ全国の保護者を対象に、子どもの進学・進路に関するアンケート調査を実施。先日、その結果を公表した。

 

・進学・進路について親子で話をしていますか?
子どもの進学・進路に関するアンケート調査

まず子どもの希望する進学・進路について、親子で話し合っているかを聞いたところ、86.4%が話し合っていると回答した。なお、子どもの学齢別には、中学生の子どもをもつ保護者で82.0%、高校生の子どもを持つ保護者では90.1%と、学齢に応じて話し合う機会が増えていることがわかった。

・進学・進路に関する相談をする場合、あなたは有益なアドバイスができると思いますか?
子どもの進学・進路に関するアンケート調査

「有益なアドバイスができると思う」が6.6%、「どちらかというと有益なアドバイスができると思う」は30.9%となり、子どもに「有益なアドバイスができると思う」保護者は37.5%に留まった。一方「有益なアドバイスはできないと思う」、「どちらかというと有益なアドバイスができないと思う」と回答した人は19.2%となり、2割の保護者が的確なアドバイスができないと思っていることが判明した。

(有益なアドバイスができない・どちらともいえないと回答した人へ)その理由を教えてください。
子どもの進学・進路に関するアンケート調査

子どもに有益なアドバイスができない」、「どちらともいえない」と回答した計438名(62.5%)へ、その理由を聞いたところ、最も多かった回答は「入試制度など進学に関する情報を知らないため」(43.2%)だった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ