人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.14

昨年2万食を販売した「東京駅丼グランプリ」今年、栄冠に輝くのは?

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

 東京駅周辺の商業ゾーン「キッチンストリート」「黒塀横丁」「北町ダイニング」「グランルーフ」「グランルーフ フロント」「グランアージュ」「グランスタ」「グランスタ丸の内」「キッテ グランシェ」にて提供される、東京駅の丼メニューの頂点を決定する「第2回 東京駅丼グランプリ」が2017年10月2日(月)~11月19日(日)の期間に開催される。

 昨年2万3652食を販売した「東京駅丼グランプリ」だが、今年は東京駅限定71種類を含む全75種類の丼が登場。対象の丼を飲食した客が、完成度、見た目のインパクトや美しさ、コストパフォーマンス、オリジナリティの4項目をジャッジして投票。11 月 10 日(金)の“いい丼の日”に、グランプリの結果を発表する。

 昨年の「収穫の秋丼」「食欲の秋丼」「ユニーク丼」に加え、昨年要望が多かったことから今年新設された女性にも最適サイズの「コンパク丼」、従業員のまかないから着想を得た「まかない丼」の 5つのカテゴリで東京駅丼ナンバー1を競う。

 全体的にがっつり肉系、豪華海鮮丼系、丼からあふれる天ぷら系が目立つ。毎日1食ずつ食べても全部はクリアできないため、注目の丼や、記者・アベの独断と偏見で好みの丼をピックアップして紹介する(価格は税込)。

≪AJのおすすめ丼≫

◆蔵王牛山椒焼きのこあんかけ丼(2160円)/YAMAGATA DINING 山形酒菜一(グランルーフ)
AJ個人的グランプリ

 山形にある高橋畜産オリジナルブランド「蔵王牛」のカルビを山椒しょうゆで味付けして焼き、別添えのきのこあんかけをかけていただく。やわらかなカルビ肉とピリリと効いた山椒の辛みと風味が絶妙。一口目はそのまま食べて肉のうまみを味わい、次に別添えのきのこあんかけをかけると、肉のうまみと山椒の辛みをあんが包み込んで、全体的にとても優しい味になる。

 グランプリではがっつりとした肉系メニューが多く参加しているが、素材の味がしっかりと感じ、かつ味変が楽しめる上に、旬の素材も味わえる。肉よりも和食という人にもおすすめしたい。個人的にこちらをグランプリに決定。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ