人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.14

懐かしい緑!復活した東横線の2代目5000系青ガエルラッピング電車


2代目5000系青ガエルラッピング電車。世田谷線を最後に途絶えていたライトグリーンの電車が、16年ぶりに復活した(東京急行電鉄提供)。

東京急行電鉄(以下、東急)では、東横線開業90周年を記念して、様々なイベントが行なわれている。その目玉は、初代5000系のライトグリーン塗装を再現した、2代目5000系の青ガエルラッピング電車だろう。2017年9月4日から、2018年8月31日まで運転される予定だ。

今回は、時代を築いた、ふたつの5000系をご紹介しよう。

■2代目5000系とは


2代目5000系。初代と同様に、“新時代の幕を開けた”車両と言える。

2代目5000系は2002年3月に登場し、田園都市線に10両車、東横線に8両車が在籍している。車体は東急標準のステンレス製で、コーポレートカラーの赤とラインカラー(田園都市線はグリーン、東横線はピンク)を組み合わせた。

車内は乗降用ドアの上に、LCD(液晶モニター)による旅客情報案内装置を設けた。同時期に登場した、JR東日本山手線用のE231系500番代とともに、“LCD時代の幕開け”といえる車両なのだ。


5050系は、日本の鉄道車両では初めてフルカラーLEDを採用。


5080系は、目黒線の輸送力増強に伴い登場。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ