人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.13

クラフトの波はビールからジンへ「クラフトジン」の嗜み方

こだわりの味を求めた自由な発想での酒づくり。その波はビールからジンへと広がり、海を越えて日本に到達。クラフトジンが流行の兆しを見せている。その魅力&楽しみ方を紹介する。

クラフトジン

「つくりも飲み方も自由だから気ままに楽しみたいお酒です」

◎ウイスキーの高騰が生んだ美味なる酒

「香りや甘味……いい意味で、こんなのジンじゃないと驚かれる方も多いです」とは、昨年10月に開店したダイニングバー『カクテル ワークス』店長の山下泰裕氏。料理と酒をテーマに様々な酒を揃える同店で、一番注目され、飲まれているのが、クラフトジンだという。

「世界的な品薄によってウイスキーが高騰し、気軽に口にできない流れがあります。そこでイギリスの蒸留所などがつくり始めたのが、素材や製法にこだわったクラフトジンです。そもそもジンは、ジェニパーベリーという果実を使うこと以外に大きな決まりがないお酒。だからこそハーブやスパイス、柑橘類の皮など、その土地に根ざした原料(ボタニカル)を使ったり、ワイン樽に漬け込んで風味をつけたりと自由な発想で、思い思いの味が生み出せることから今、イギリス、ドイツやスペイン、アメリカ、そして日本など、世界各国でつくられるようになりました」

 となれば、その多種多様な味わいを楽しんでもらおうと、バーや焼き鳥店やカレー店に至るまで、多くの店で扱われるようになった。

「また配合が自由なように、ストレート、ロック、トニックやソーダ割りにカクテル……ジンの味に合わせて気軽に、いろいろな飲み方ができるのも、クラフトジンの魅力ですね。当店ではロックなどを1300円〜、カクテルも1400円程度で楽しんでいただいています」

COCKTAIL WORKS 神保町
COCKTAIL WORKS 神保町

料理も数多く揃え、酒単体の味だけでなく、料理との相性も楽しませてくれるダイニングバー。
電話/03・6886・2138 住所/東京都千代田区神田小川町3-7-13 ヴァン・サンク1F
営業時間/18:00~翌3:00 定休日/日曜、祝日

〈What is GIN?〉今さら聞けない〝ジン〟のイロハ

今さら聞けない〝ジン〟のイロハ

どんなお酒なの?
ジェニパーベリーで香りづけされた蒸留酒。『ビーフィーター』『ゴードン』などが有名。クセが少なく、ジンを使用するカクテルも多い。

どこ生まれ、どこ育ち?
オランダあるいはイタリアと、その起源には諸説ある。オランダからイギリスに持ち込まれ、ロンドン・ドライ・ジンとして洗練された味になってから、多くの人に愛される酒になった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ