人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.11

英語を苦手と感じる理由ランキング

【英語を苦手と感じる理由ランキング】今の日本では、グローバル化への対応が急がれており、世界で活躍する人材を育成するためにも、国際共通語である英語教育のニーズが高まっている。小学校における英語教育も本格化しており、2008年に小学5、6年生を対象に「外国語活動」が導入され、2011年には必修化された。また2020年までには、小学3年生から英語教育が必修化し、小学5年生以上は「教科」として英語が導入される予定となっており、今後さらに英語教育の改革・充実が進んでいくと考えられている。一方、企業においても、英語の公用語化や英語学習の推進などの取り組みが進んでいる。

今回GMOリサーチは、こうした英語力教育の高まりを受けて、英語教育の本格化に直面してきた15歳~19歳の未成年男女と、20歳~59歳の成人男女の英語に対する意識を探り、その実態を比較するべくアンケート調査を実施した。

■英語に対する意識

まずは、英語に対する意識を尋ねた。「得意(「とても得意」・「やや得意」を合算)」という回答は、未成年:30.8%、成人:13.2%となり、未成年の方が成人より英語を「得意」だと感じている人が多いことがわかった。一方、英語に対して苦手意識があるかを尋ねたところ、「苦手意識がある(「とてもある」・「ややある」を合算)」という回答は、未成年:62.4%、成人:67.0%となり、未成年・成人ともに6割超が英語に対して・苦手意識を持っていることが判明した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。