人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.11

紅葉の見頃は各地で平年並み、東京は11月下旬から

日中の日差しには、まだ夏の名残を感じさせるが、さわやかな風に秋を感じるこの頃。今年もすでに北日本や東日本の標高の高い山では、紅葉が見頃を迎えているという。そこで、ウェザーニュースの予報センターが今年の紅葉の見頃を予想している。

一般的に気温が低いと色付く時期が早まり、気温が高いと色付く時期が遅くなるなど、葉が色付く時期は秋の気温と深く関係している。
今シーズンは9月上旬から中旬にかけては、寒気を伴った低気圧が周期的に通過したことで平年よりも気温が下がった。この影響で、大雪山旭岳(北海道)では平年より6日早い見頃を迎え、八幡平(岩手県)でも平年より5日早い見頃を迎えている。
また、中部でも上高地の涸沢(長野県)や立山黒部アルペンルートの室堂平(富山県)などの標高が高い山では、平年並~やや早めの見頃を迎えているエリアがある。

そして10月4~5日頃をピークに寒気の流れ込みが強まる。このため、北海道や東北、中部の山々で葉の色付きがさらに進み、豊平峡ダム(北海道)や岩木山(青森県)などで見頃を迎え、3連休(7~9日)は紅葉狩りを楽しめるところが増えそうだ。
その後、11月にかけては西日本を中心に平年並の気温となる所が多く、まだ色付きが進んでいない地域では平年並の見頃となる予想。関東や東海、中国では、11月は平年よりもやや高めの気温が予想されるが、よく晴れた朝晩は放射冷却現象で気温が下がり、葉の色付きが進むことが考えられるため、概ね平年並の見頃時期となりそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。