人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.12

開発者に聞く2018年版の『ジブン手帳』進化のポイント

DIME最新号では「ワークスタイル別 2018年最新手帳格付けレビュー」として最新手帳を大特集!
スマホサイズ、ガントチャート、方眼活用、モバイル卓上カレンダーetc. 2018年の相棒にふさわしい手帳をワークスタイル別活用術とともに厳選して紹介しています!

この記事では手帳の人気ブランドとして知られるようになったコクヨの『ジブン手帳』について詳しくご紹介。ぜひ本誌と合わせてご覧ください。


オンラインでのご購入はこちらから!
Amazon http://amzn.asia/3dhuICT
楽天 http://books.rakuten.co.jp/rb/15115443/
7net http://7net.omni7.jp/detail/1205579111

今や手帳の人気ブランドとして知られるようになったコクヨの『ジブン手帳』。99日に「ジブン手帳ユーザーオフ会」が行なわれ、開発者である佐久間英彰さんも出席。2018年版の『ジブン手帳』についてプレゼンテーションを行なった。


『ジブン手帳』開発者の佐久間英彰さん。手に持っているのはビジネス向けの『ジブン手帳Biz』。

■『ジブン手帳』ってどんな手帳?

そもそも『ジブン手帳』とは、大手広告代理店のコピーライターである佐久間英彰さんが、独自で開発した手帳。一年の情報を書き込む「DIARY」、人生の情報を書き込む「LIFE」、メモ帳としての「IDEA」の3冊スタイルで、書き込むうちに自然にライフログになる機能が随所に盛り込まれている。特徴は24時間軸の方眼スタイル。天気や食事、その日の気分の記入欄があるなど、楽しく書き込める工夫が満載の手帳だ。カラフルな色遣いも特徴のひとつだが、職場では利用しづらいという意見を受けて、昨年、ビジネス向けの『ジブン手帳Biz』を発売した。


2011年版から発売(コクヨでは2013年版から)の『ジブン手帳』。日の出・日の入りを視覚化できる24時間軸。天気や今日の気分はチェックするだけの親切設計。食事欄には食べたもののほか、一緒に食べた人を書き込むのもおすすめだとか。


2017年版に登場の『ジブン手帳Biz』。使い勝手はそのままに、落ち着いた色使いに。使用しているフォントも一新された。週間バーチカルのほか、月間ブロック、見開き2か月のガントチャートもある。


『ジブン手帳Biz』のコンテンツのひとつ「日本地図」。今年、出掛けた場所や行きたい場所など、いろいろ書き込みたい。


意外と重宝するのが「約束したことリスト」。このほか『ジブン手帳Biz』のコンテンツには、2018年の夢、お金の計画、お気に入りの言葉、おすすめリスト、本/映画リスト、プレゼントリスト、今年の振り返りなどがある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ