人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.12

来春の花粉飛散量は全国的に少なめで平年の6割の予想

ウェザーニューズから2018年の花粉シーズンにおける全国の花粉飛散傾向(スギ・ヒノキ、北海道はシラカバ)が発表された。この発表について同社では、「花粉症に悩む方に対し来年の花粉の飛散傾向をお知らせすることで、早めに対策をとっていただき、少しでも花粉シーズンを快適に過ごしていただくことを目的としています」とコメントしている。

2018年の花粉飛散量は、全国で平年(2008~2017年平均)の65%となる予想だ。これは2017年の夏に、低気圧や前線、冷たい北東風の影響で東日本や東北太平洋側を中心に雄花の生長には不向きな天候となったためで、特に、記録的な日照不足となった関東は、東京都で50%、茨城県では28%など、平年の70%減となるところもある。

また、全国的に花粉飛散量が多かった2017年シーズンと比べても、ほとんどの地域で減少する見込みだ。ただ、風が強い日や雨の翌日は一時的に花粉の飛散が増えることがある。例年、2月以降は次第に花粉飛散量が増えてくるので、飛散量が平年より少ない予想でも油断せず、花粉シーズンへの備えが必要だ。

■来春の花粉飛散量の傾向:全国平均で平年より少ない65%予想
2018年のスギ・ヒノキ花粉シーズンの花粉飛散量は、全国的に平年より減少する見込みで、東日本を中心に予想飛散量が50%未満となる地域が目立つ。一方、九州北部や北海道、青森県では、110%以上と平年よりやや多い予想だ。

全国的に花粉飛散量が多かった2017年シーズンと比べてみても、関東北部や静岡県、三重県では50%未満と、大きく下回る予想となっている。ただ、風が強い日や雨の降った翌日などは一時的に花粉の飛散が増えるため、油断は禁物。花粉症対策は、症状がつらくなる前から花粉をなるべく体内に取り込まないことが効果的とされている。例年、2月以降は次第に花粉飛散量が増えてくる。2018年シーズンも、しっかりとした備えが必要だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。