人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.10

ビジネスパーソンの7割以上が「ダイバーシティへの取り組みは重要」の一方で、7割が効果について「実感なし」

ダイバーシティとは性別や人種の違いはもちろん、多様な価値観を持つ人材を受け入れ、広く活用しようという考え方。例えば経済産業省では、企業の経営戦略としてのダイバーシティ経営の推進を後押しするため、「新・ダイバーシティ経営企業100選」や「なでしこ銘柄」の選定により、先進事例を広く発信。女性を含む多様な人材の活用を経営戦略として取り込むことをより一層推進するための方策を検討している。
そんな中、アデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコは、20代~60代の働く人を対象に「ダイバーシティ」に関するアンケート調査を実施。その回答とデータ分析結果を公開した。

まず「ダイバーシティ」とは、どのようなことを指していると思うかを聞いたところ、「国籍が多様化すること」(39.2%)が最も多く、次いで「性別が多様化すること」(38.8%)、「様々な価値観をもつ従業員が存在すること」(23.9%)の順に多い結果になった。また、「ダイバーシティという言葉を知らない人が2割以上いることもわかった。
ダイバーシティには、実務に必要な能力・経験に関する「タスク型」と、性別・国籍などの視覚的にも分かりやすい「デモグラフィー型」の2種類があり、デモグラフィー型の要素が1、2位を占め、タスク型要素に大きく差をつける結果が出た。

Q.「ダイバーシティ」とは、どのようなことを指していると思いますか。考えに近いものをお選びください。
(3つまで選択)(n=2159)
「ダイバーシティ」に関するアンケート調査

「ダイバーシティ」が重要であるかを聞いたところ、「非常にそう思う」、「そう思う」の合計が7割以上にのぼり、ダイバーシティを重要視する傾向が明らかに。役職別でみると、役員、部長の層が重視しており、また、性別で見ると、女性のほうが男性よりダイバーシティをより重視する傾向にあった(「非常にそう思う」と「そう思う」の合計が、男性は69.4%、女性79.5%)。

Q. 「ダイバーシティ」は企業・団体にとって重要だと思いますか。(n=1670)
「ダイバーシティ」に関するアンケート調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ