人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.10

バンダイがAIを搭載した対話型コミュニケーションロボット『ガンシェルジュハロ』を開発

バンダイは、バンダイナムコグループが取り組むITエンターテインメントサービスブランド「BN・Bot PROJECT」の第1弾商品として、『ガンシェルジュハロ』(価格未定、2018年発売予定)を開発。10月3日~6日に開催される「CEATEC JAPAN 2017」(幕張メッセ国際展示ホール4 主催者特別企画展示「IoTタウン2017」内)に参考出展する。
『ガンシェルジュハロ』はアニメ『機動戦士ガンダム』の話題を語り合うことができるAI(人工知能)搭載の対話型コミュニケーションロボットになる。ちなみに「ガンシェルジュ」は“ガンダム”と“コンシェルジュ”の造語。

ガンシェルジュハロ

『ガンシェルジュハロ』はアニメ『機動戦士ガンダム』に登場するマスコットロボット「ハロ」が“もし現代に存在していたら”をテーマに、アニメ『機動戦士ガンダム』の知識を豊富に持った、AI(人工知能)搭載の対話型コミュニケーションロボットだ。最大の特徴はキャラクターの世界観に特化した楽しい会話を生み出すところで、ユーザーの発言を音声認識し、AIで意味と意図を分析。データベースから最適な会話をハロの声で返してくれるので、キャラクターや台詞、忘れられないシーンなど、作品にまつわるさまざまな会話を楽しめるという。

ガンシェルジュハロ

その具体的な機能としては、Wi-Fiを使いネットワークに接続することで、アニメ『機動戦士ガンダム』に関する質問やうんちく、クイズなどさまざまな会話を楽しめる。

ガンシェルジュハロ

目と口にはLEDを内蔵し、色や点滅で状態や表情を演出。前後左右に揺れたり、話をしている人の方向に向きを変えたりなど、愛らしい動きを再現している。そしてスマートフォンとBluetoothィ接続することで、外部スピーカーや目覚まし機能など、会話以外の機能も使用できる。

関連情報

http://www.bandai.co.jp/

文/編集部

 

 

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ