人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.07

書斎に欲しい!好きな場所で地デジ、BS、BD、ネット動画が楽しめるパナソニックの『プライベート・ビエラ』

パナソニックはモニター部とチューナー部がセットになった「プライベート・ビエラ」の新製品、『UN-19Z1』を10月20日より発売を開始する。価格はオープン価格。

UN-19Z1

「プライベート・ビエラ」は、チューナー部をアンテナ線に繋ぐと、モニター部は家じゅう好きな場所に持ち運んでテレビ放送などの映像を視聴することができるシリーズだ。『UN-19Z1』では、さらにスピーカー部を追加することで、「ひとり贅沢」という新しい価値を提供していく。

搭載されるスピーカーは、左右にそれぞれ4cmのフルレンジスピーカーを2個ずつ、さらに重低音再生用に8cmサブウーハーとWパッシブラジエーターを搭載する2.1ch構成を採用。左右のスピーカーは、上部ユニットを外側に、下部ユニットは正面を向かせる工夫により、音に包み込まれるような迫力を実現した。さらに、バーチャルサラウンド機能搭載で、より臨場感を味わうことができる。

UN-19Z1

さらにサブウーハーの音孔スリット部を正面に向けて配置することで、重低音を直接浴びるような迫力のサウンドを実現。また、前後2つのパッシブラジエーターを対向配置することにより、共振を抑えた歪みの少ない低音再生が得られる。
これらの機能により、書斎のデスクなどひとりで視聴するのに最適な構成となっており、プライベートな空間にいながら、まるで映画館やライブ会場にいるかのような体験を得ることができる、と同社では説明している。

そしてチューナー部は地上デジタル/BS/110度CS放送に対応。500GBの内蔵ハードディスクに最大672.5時間分の番組を録画し、後から録画した番組を楽しむことも可能。また、放送中の番組を見ながらの裏番組録画にも対応する。さらに、別売のUSBハードディスクをチューナー部に接続して、録画容量を増やすこともできる。ディスクドライブも搭載しているため、映画のブルーレイディスクやライブのDVDなども視聴可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ