人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.07

「ニコニコとヘラヘラは違う」RIZAPトレーナーの仕事術

【「ニコニコとヘラヘラは違う」RIZAPトレーナーの仕事術】

9/16発売のDIME11月号では見た人すべてに衝撃を与えたビフォー&アフターのCMが話題となったRIZAPを特集しています。

最近ではゴルフや英語、料理など事業を拡大し、アパレルや出版社など企業買収を積極的に進めるなど、急成長を遂げる。RIZAPの成功の秘密をDIMEが総力取材!

@DIMEでは雑誌に収まりきらなかった内容を特別編として掲載します。

今回はRIZAP急成長の立役者といえるRIZAPのトレーナーを取材しました。

他のジムのトレーナーと何が違うのか、ぜひ本誌と合わせてご覧ください。


オンラインでのご購入はこちらから!
Amazon http://amzn.asia/3dhuICT
楽天 http://books.rakuten.co.jp/rb/15115443/
7net http://7net.omni7.jp/detail/1205579111


植草英行(23)
役職:チーフトレーナー
ライザップ在籍:3年
前職:専門学校(東京スポーツ・レクリエーション専門学校)
スポーツ歴:サッカー(中1から専2まで)
トレーナー歴:ライザップから

——専門学校のスポーツトレーナー科ご出身ということは、ライザップに入る前からトレーナーに興味があったのですね。

 サッカーをやっていたので、将来はコーチかトレーナー、いずれにしてもサッカーの現場に関わる仕事がしたいと思っていました。専門学校ではトレーナーの勉強もしつつ、自分でもトレーニングをしていまして、ずっと細身だった自分の体が大きく変化していくことを実感しました。

——就職活動する頃には、ライザップはもう有名でしたか?

 知っていました。今のようなビフォー・アフターのテレビCMは、まだなかったかもしれませんが、この業界を一番有名にしたのはライザップだと思いますので、ぜひこの会社に入りたいと思いました。

——採用率3.2%という狭き門だと聞いていますが、植草さんご自身の場合、採用されるまでにどんな壁を感じましたか?

 トレーニングの中身とか食事の知識とかはそれなりに理解していたつもりですが、最も大変だったのはコミュニケーションスキルですね。ゲストとマンツーマンで、専門的なアドバイスをいかにきちんと伝えられるか。研修の最初の頃はそれが難しかったです。研修の内容はかなりしっかりしているので、そこで身につけたことは大きいです。あとは実際に現場に立ってみて、より磨いていったという感じですね。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ