人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.08

大学生愛用飲料の王様『い・ろ・は・す』無糖炭酸水は機能性表示食品で勝負

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

 今ではゴリゴリのインドア派であるが、少年時代はよく外で遊んだ。ご多分にもれず、小学校の校庭でサッカーをプレイ。自意識などないので、汚れや汗など気にせずに遊ぶ。試合が終わると、校庭の隅にある水飲み場へ。蛇口をフル回転し、勢いよく出るカルキ臭い水道水を飲んだ。「うめぇ~」と言いながらガブガブと。

 現在、カルキ臭い水道水を口にすることはない。調子にのってコントレックスを飲むこともある。校庭で遊んでいた時代は、"飲み水を買う"日が来るなんて信じられなかった。

 しかし、今となっては当たり前。

 最近は、水ではなく無糖炭酸水を飲む人も増加中。欧米(特にフランス)ではポピュラーであったが、日本人も愛飲し始めた。

 2017年7月に株式会社バルクが行った無糖炭酸水の飲用実態に関する調査によると「5年以上前から無糖炭酸水を飲んでいる」人の割合は、2014年時点では33%。2017年の調査では63%と約2倍となった。今後、裾野が広がること間違いない無糖炭酸水。

 また、まだこれといった定番商品がないため、各社がその座を狙い競争中。生産者は大変だが、消費者としては面白いシーズン。その最中、フレーバーウォーターで大人気となった「い・ろ・は・す」が参戦決定。大学生愛用飲料の王様が満を持して。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ