人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.08

ポイントを活用して不用品を上手に処分する方法

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

 激化している各社のポイントカードだが、実際には漠然と使っていることも多い。ポイント選びの“ポイント”は「貯めやすく、使い切りやすい」ものを選ぶこと。ネット調査で貯まりやすさ1位を獲得した「楽天スーパーポイント」は、通常ポイント1倍に楽天カード使用で+3倍、月1回以上の楽天市場スマホアプリ経由の買い物で+1倍、楽天モバイルの利用で+1倍、楽天プレミアムカードもしくは楽天ゴールドカードの利用で+1倍と、最大でポイントが常時7倍の付与となる「楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)」が、支持される大きな理由になっている。

◆ファイナルシャルプランナー・風呂内 亜矢さんによる「貯まる家計になるコツと賢いポイント有効活用」

 風呂内さんはずぼらな人でもできるポイント活用術を紹介。2017年に30~40代の既婚者を対象にした楽天の調査では、4人に1人は1000万円以上の貯蓄がある一方で、4人に1人は100万円以下の貯蓄と、貯蓄額が二極化していることが判明。同じ調査で貯蓄のために一番大事なことは?という設問に、貯蓄額上位10%の回答では6位にポイント活用がランクイン、貯金額の高い家庭はポイントを重視しているのがわかった。

「ポイントを貯めるには家計の流れを把握することが大切。ポイント発生場所がバラバラだと有効活用できないことが多く、ポイントを集約させたり、お金の流れを大まかにとらえて、どの銀行を使って、どのカードを使って、どこで買い物をするかときちんと設計できないとポイントはうまく貯められない」(風呂内さん)

 風呂内さんは、一度だけきちんと見直せば日々では意識しなくてもずっと得をする、マネールールの仕組みを作ることを提唱している。

〇支払い方法の選定
保険、NHK受信料、国民年金など年払いでまとめて支払いする、公共料金は口座引き落としにするなど、支払い方法でお得になる割引を利用する。

〇固定費見直し
通帳をチェックして毎月払っている内容をもう一度見直す。保険料の見直しは良く取り上げられるが、最近は、格安SIM利用や無駄なオプションは省くなどの通信費の見直しがトレンドになっている。

〇ポイントの活用
汎用性が高く、どこでも使えてきちんと貯まるポイントを選ぶ。貯蓄や家計の見直しという観点からポイントを選ぶには、マネールール化しやすく、生活費をなるべくカバーできるポイントを選ぶことが重要。

「我が家の例を挙げると、家庭用決済は家族カードで一元管理している。夫が自分用のものを買っても、私がスーパーで日常の買い物に使っても同じ明細で来るので管理がしやすい。さらに楽天ゴールドカードに変更して、アプリを使い6倍アップというSPUを活用。楽天はネットで日常生活に必要なものを手配できるので使い勝手もいい。貯めたポイントは贈答やピザやサンドイッチなどのデリバリーに使っている。また、始まったばかりのポイントで買える投資信託にも注目。現金と違いポイントで買った投資信託だったらアップダウンがあっても投資に挑戦しやすい。仕事用決済はいつでも2%還元のプリペイドタイプと使い分けている。固定費はクレジットカード、予算管理がしたい食費などはプリペイドという使い方がおすすめ」(風呂内さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ