人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.06

LINE LIVEの一般ユーザーによる総配信時間は「48億5124万461秒」

総務省「平成27年版 情報通信白書」によれば、最近約1年以内に利用した経験のあるSNSを尋ねたところ、LINE(37.5%) 、Facebook(35.3%)、Twitter(31.0%)の順となった。一方、LINEの利用率は年代によって大きな差があり、20代以下では6割以上の人が利用しているのに対し、60代以上で1割未満の人しか利用していなかった。
※調査対象/全国の13歳以上の男女2000名

LINEでは昨年8⽉の個⼈配信機能の開放から1年が経過したことを受け、、「個⼈配信者の割合」「配信時間帯」「配信時間」「配信⽅法」の4項⽬における分析結果を公開した。

まず「LINE LIVE」での配信者のユーザー属性を調べてみたところ、男⼥⽐が男性:⼥性=37.4%:62.6%となっており、今年3⽉の男⼥⽐(男性:⼥性=33.1%:66.9%)と⽐較すると、男性の配信者が増加していることがわかった。年齢 層は19歳までの配信者の割合が69.3%と若年層に⽀持される形となっており、さらにその内⼥性の割合のみで45.7%を占 めていた。また、年代⽐でみると10代男性の配信者が増加している傾向があり、広く利⽤されていることがわかる。

次にLINE LIVEの配信時間帯*についてみると、2つの配信タイミングがあることが判明した。1つは15:00〜18:00 の時間帯であり、10代配信者が多いことを鑑みると、授業が終わった放課後から帰宅の時間に配信していると考えられる。その後、18:00〜19:00には配信が減少するものの、19:00〜23:00 に2つ⽬の配信の盛り上がりを⾒せ始める。 これは10代に次いで多い20代配信者も加わり、就寝までのリラックスした時間帯での配信が増加することが推察でき、休⽇の配信量の増加を鑑みると、普段の⽣活にライブ配信が⼀層浸透してきていると考えられる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ