みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >中学英文法の知識で、大学入試の英語…

中学英文法の知識で、大学入試の英語の問題の8割が解答可能だった!(2017.10.05)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルクが一昨年発表した『アルク英語教育実態レポート(Vol.2) 英語の大学入試問題における中学英文法の重要性調査』の結果によると、分析対象の大学入試問題において、79%の問題が高校レベルの文法知識を含まないものであり、高校の内容を含むが中学の文法知識の応用で解けるものを含めると、89%の問題が解答可能という結果が得られたという。つまり、大学入試の英語の問題において「中学英文法」の重要性を明らかになったのだ。このことは、中学校で学習する文法がしっかり定着しその応用能力があれば、大学入試問題を解くのに大いに役立つということ示している。調査では、金谷憲・東京学大学名誉教授、片山七三雄・東京理科大学...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。