人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オトナも嘆息!ブロックで作ったキャラがゲームで活躍する「ブロクセル」で遊んでみた

2017.10.04

 解説を読むと、敵キャラクターがつくれたり、パワーアップアイテムのデザイン、ストーリー設定と色々できるらしい。ダメージを受けた動作、ジャンプの動きなどコマ割りも設定可能。追求すればたぶんマリオつくれる、いやつくった人いるはず。

 解説には「『ブロクセル』の良さは、子供の想像力や創造力の促進、デザインの学習」と書いてある。それに異論はないが、個人的には"お手軽"に尽きた。クリエティブ遊びが大好きな子供にはたまらない。しかも、大人と違って彼らには時間がたっぷり。僕が体験できなかった"奥深さ"にもタッチできる。

「あと20歳若ければ、死ぬほどできたのになぁ・・・」と悔しい気持ちなった「ブロクセル」であった。

「ブロクセル」、僕ならどう宣伝するか?

コレ、知名度は低いことから「もっと評価されるべき」のタグは間違いなく付くゲーム。体験すれば誰でも「スゴイ・・・」とつぶやくネタである。しかし、初見の子供に面白さをプレゼテンーションするは少し難しい。だから、おもちゃ売り場に実践販売士を置いて売るのがいいだろう。実際にブロックをいじり、それが画面上に表れたら、子供は皆興奮する絶対。

文/ヨシムラヒロム

1986年東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。
イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使、五反田コワーキングスペースPaoで週一度開かれるイベント「微学校」の校長など幅広く活動。
2016年3月に単著デビュー作「美大生図鑑」を上辞。購入したい方はコチラから

美大生図鑑

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。