人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.05

日本在住の外国人の8割がシャワー派から湯船派に

昨今、訪日外国人観光客が増加し、外国人からの日本文化への注目が集まっている中、温泉をはじめ、“湯船入浴“という日本文化を体験する外国人も増えていると考えられる。そこで花王は、湯船入浴文化が定着している日本に来日した外国人の入浴スタイルがどのように変化しているかを調査。その結果を公開した。

まず日本在住外国人の実態を把握する上で、まず日本人の実態について確認した。日本人は週1回以上湯船入浴する人が、9割以上を占めており、週7日湯船入浴する人も65%と、ここ数年変化していない。シャワー派は、少しは増えているものの、湯船入浴文化が根強く定着していることがわかる。

一方で、今回行なった、日本在住外国人の調査において、来日する以前の母国での入浴スタイルを聞いたところ、51.9%が「シャワーのみ浴びる」との回答だったが、来日してからは、18.5%に減少。「湯船のみ浸かる(シャワーは浴びない)」と「シャワーも浴びて湯船にも浸かる」を合わせた、湯船派は81.5%に増加しており、来日をきっかけに、日本の湯船入浴文化に触れることで、外国人が湯船に浸かるようになっていることがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ