人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.02

出産経験者の約4割が妊娠中にむし歯や歯周病を発症していた

歯科治療は普段でさえ精神的なストレスを感じるケースも多いが、これが妊娠中であればどうなのか。つわりのために口に器具を入れられるのがつらい、という話も聞く。そこでベビカムでは、妊娠・出産・育児情報サイト「ベビカム」において、「妊娠中の歯科治療」についての独自アンケート実施。先日、その回答状況とデータ分析結果を公開した。

まず、虫歯になったり、歯周病になったりしたかどうかを聞いたところ、「はい」と答えた人が38.2%で、約4割の人が妊娠中に虫歯や歯周病を発症していた。妊産婦歯科健診については、受けたと回答した人が66.7%で、6割以上の人が妊婦歯科健診を受診していた。多くの自治体で実施されており、無料で受けられるところもあるためか、受診率は高くなっている。

妊娠中に歯科治療をしたかどうかを聞いたところ、「はい」と答えた人が44.7%で、半数近くの人が受診したことがわかった。妊娠中のレントゲンや麻酔は、おなかの赤ちゃんに影響することはないとされているが、いつもは大丈夫だった麻酔で気分が悪くなったという人もいたようだ。

受けた治療の内容で最も多かったのは「定期健診(歯石・歯垢除去)」で79.6%、次いで「虫歯の治療」60.8%でした。「その他」では、被せ物や詰め物が取れて治療したという回答が多かった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ