人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.02

ゴールドジムとパイオニアがコラボしたイヤホンが登場!「3D Active Fit」による驚異のフィット感を体験

■連載/一条真人の検証日記

 イヤホンやヘッドホンは音楽を聴くための道具として日本でも広く使われている。しかし、ジョギングやエキササイズで使おうとすると難しい課題がある。それは、はずれやすいということだ。

 はずれにくいイヤホンという意味では現在、スポーツイヤホンというジャンルが存在する。そして、このはずれにくく、しかも装着感が悪くならずに音楽を聴けるという、ほかのイヤホンとは異なる課題をクリアするために多くのメーカーがさまざまな努力をしている。

 はずれにくくするために、耳にかけるイヤーフックを搭載するもの、耳に挿入するだけで耳の内側にフィットして通常よりもはずれにくいものなど、さまざまなタイプがある。

 最近、パイオニアが発売した「SE-E7Wireless(BT)」は「3D Active Fit」という技術を使いフィット感を向上させようとしている。


E7Wirelessの発表会は表参道のゴールドジムで行われた。

■独特の固定機構

 このイヤホンは耳にかけるためのイヤーフックを搭載しているのだが、このイヤーフックの部分が普通のスポーツイヤホンと比較して、ややしっかりしているという印象だ。つまりはユーザーの耳にしっかり固定され、はずれにくそうな作りになっている。

 多くのスポーツイヤホンのイヤーフックの柔軟性が高いのには理由がある。それは耳の形状が人によって異なるためだ。耳と耳の穴の位置、角度などが人によって異なるので、フィットするためには柔軟性を持たせないとうまく固定することができないわけだ。

 イヤーフックの部分を必要以上にがっしり作ると、耳の穴に対して一定の角度でしかアプローチできなくなり、フィットしにくいという結果になってしまうことが多い。


イヤーフックの部分がしっかりしているE7Wireless。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ