人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.10.01

より賢いAIは日本語から生まれる!

■連載/AIの“現場” より賢いAIは日本語から生まれる!

最近、「人工知能(以下、AI)」「ディープ・ラーニング」「機械学習」といった言葉をニュースで見ない日はない。しかし、そもそも人工知能とは何か? 何となくわかったつもりでこれらの言葉を使っていたけれど、実はよく知らないという方も多いのではないでしょうか? 本連載では時代の潮流となっているAIを正面から捉え、製品化されたもの、開発途上のものも含めたAIの現状、AIが汎用した近未来はどのような社会になるのかを具体的なエピソードとともに紹介します。

第一回はコチラ
第二回はコチラ
第三回はコチラ

第3次人工知能(以下・AI)ブームの今日、5年もすれば社会は一変してしまうという。汎用AIが社会の隅々に浸透する未来社会は、効率が増し労働時間は半減し、生産量は増え税金の総量も増す。国が国民全員の生活に必要な最低限の現金を支給する、ベーシックインカムの導入で、我々は収入を得るための仕事から解放される――。

AI研究の第一人者、東大大学院情報理工学系研究科 中島秀之特任教授は未来社会に、そんなユートピアをイメージする。だが、未来がユートピアかディストピアかは人間次第。その人間の最大の長所は、適当さ、曖昧さ、臨機応変さ。それを取り込み賢いAIに進化させる可能性が、日本語に特化したAIにあるかもしれないと、中島教授の話は続く。


AI研究の第一人者、東大大学院情報理工学系研究科 特任教授 中島秀之氏。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ