人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.30

温度と時間管理が簡単にできるサンコーの低温調理器『マスタースロークッカー』

サンコーから温度と時間管理が簡単にできる低温調理器『簡単に低温調理ができる「マスタースロークッカー」』が発売された。販売価格は9800円(税込)。

『簡単に低温調理ができるマスタースロークッカー』は、低温調理法が手軽に行なえる調理器。低温調理は別名「真空調理法」ともいわれ、通常の調理よりも低い温度(約65~75度程度)でゆっくりと火を入れることにより、水分が逃げにくくうまみが封じ込められ美味しく仕上がるとされる調理法だ。
ところが、いざ低温調理方法に挑戦、と思ってみても、一定温度を長時間キープすることは予想以上に難しい。炊飯器を使う方法が一般的ではあるが、 細かい温度設定やタイマー設定については、ハードルが高い点も否めない。
これに対して「マスタースロークッカー」は、鍋に本体と市販の真空パック袋に入れた材料を入れて電源をオン。そのまま放置しておくだけで美味しい料理が完成するという。

温度は0.1度単位で25~99度、タイマーは1分~99時間まで設定が可能。本体内部のプロペラで水を循環させることで、鍋の均一な水温を保つ。また動作音は約60db以下と気にならない。設定温度、設定時間になると音で知らせてくれる。火を使わない調理なので、鍋の横で見守る必要もない。 発売元では、普通に調理するとパサパサしてしまう、鳥の胸肉、ローストビーフ、チャーシューなども美味しく簡単に調理ができる、と説明している。食材のうまみを引き出す低温調理法でプロの味に挑戦してみては。

本体サイズは幅90×高さ360×奥行き160mm、1124g。

製品情報

http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002900

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ