人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.30

お言葉に甘えて申し訳ない!学芸大学のワイン専門のセルフ呑み放題『E』

■連載/カーツさとうの週刊★秘境酒場開拓団


(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

お言葉に甘えて申し訳ないワイン天国・学芸大学『E』の評価

オヤジス度    
エルドラ度    ★★★
オヤジナリティー ★★

 この前、書いた“最近流行りのセルフ飲み放題”だけど、ワイン専門のセルフ呑み放題があるってんだよ。
 
 この連載といえば安焼酎の似合うジャンバー酒場ばっか行ってるようなとこがあるんで、ワインってのもお門違いな臭いもあるけど、“呑み放題”で、それが安かったりするともう極端に食指そそられるじゃない。

 だって、聞けば2時間1500円でワインが70種くらい飲み放題だっつうの。もうなんだよ、その70種っていうワケわかんない数は? ってもんじゃない。2時間ありゃ絶対に元取れそうだし、場所もよく呑みにいく学芸大学にあるっつうんだよ。

 学芸大学に住んでる呑み友達のU氏にその話したら、

「あ! 気になってる店でした!!」

 っつうんで、その『E(仮名)』という店にさっそく二人でいってみた。

 店の前行くと、いや〜予想はしてたけど、ジャンバー酒場感ゼロ! なんつうの最近の言葉でいうと“バル”ってつうんですかね。照明なんて間違っても蛍光灯使ってないような、天井から白熱灯のランプシェードがユラユラ揺れながらブラ下がってるような店ですよ。壁なんてナチュラルな木の壁だったりしてさ、若者向けの店ですよ、なんとなく。

 だからっつって臆さずズイズイと店内に入って行く54才と50才の初老2人。

「もう今日はたっぷり呑もう!」

 って話だったんで、開店直後の6時に行ったら客は当然オレたちだけ。シャレ店ならではの、ちょっと背の高いイスが配置されたテーブルに案内されてメニューを見れば、しっかりと『ワイン2時間飲み放題1490円』(これが正確な値段ね)と書いてある。たしか2000円位出すと時間無制限飲み放題だったけど、飲み放題は“元取ってやろう”という高速呑みをするので、1時間半もするとガクッと呑みのピッチが下がるんで、2時間で充分だろうと、2時間ワイン呑み放題を注文。

 その後のシステムはシンプルで、ワインカウンターに置かれたワインは治部で注いで飲み放題。グラスはカウンターに置いてあるけれど、ワインを変える時も用意してあるピッチャーの水で、使ってるワイングラスを流して洗って、ひとつのグラスを継続使用してくださいとのこと。

 なんていう説明書きを読んでから、問題のワインカウンターに行って見る。

 目を見張った!!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ