人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.29

自転車通勤者におすすめ!携帯性抜群のカラフルなシューズカバーとフェンダー

■連載/星野知大のBike&Run快体進書

 雨が多い時期と言うと5~7月の梅雨を思い浮かべる人が多いかもしれないが、じつは9~10月の秋雨シーズンが降水量の多い季節(『気象庁ホームページ』参照)。曇りや雨が続く秋雨はシトシトと長く降り続けることが多く、台風などの接近で豪雨になることもあるので、自転車通勤などで毎日のように自転車に乗る人には憂鬱な季節であるとも言える。

 走り出す前は晴れや曇りだったとしても、途中で雨が降ってきてしまうこともある。そんな時のために高性能なレインウエアを携帯するのに加え、足先が雨で濡れるのを防ぐシューズカバーと、タイヤから飛び跳ねてくる水を防いでくれるフェンダー(泥除け)を用意しておくことがおすすめ。両アイテムとも使わない時はかさ張るものが多いが、今回紹介する“ヴェロトーゼ”と“アスセイバー”は、携帯しやすく機能的という優れモノ。カラーラインナップも豊富なので、自転車に合わせるなどカラーコーディネイトも楽しもう。

 
機能性に加え、カラーバリエーションが豊富な点も魅力の“ヴェロトーゼ”と“アスセイバー”

>■自転車通勤~レース、ロングライドまで使えるクリートシューズ専用カバー“ヴェロトーゼ”

 アメリカ・カルフォルニア州で毎年4月に開催される、レース参加・観客合わせて約7万人以上が集う北米最大規模の自転車イベント“シーオッタクラシック”。4日間に渡りMTBやシクロクロス、ロードバイクの様々なレース・サイクリング種目が実施され、プロ・アマチュア共に参加することが可能。メイン会場には、多くの自転車・アパレル・パーツ・健康食品メーカーが立ち並び、アメリカ各地はもちろんヨーロッパやアジアからブース見学だけに訪れる人もいる。

 2017年の同大会メイン会場で筆者が出会ったアイテムが、この“Velo TOZE(ヴェロトーゼ)”。現地で入手して長期使用したシューズカバータイプの“トール カバー”に加え、つま先だけをカバーする“トゥー カバー”、ヘルメットにかぶせるだけの“ヘルメットカバー”がすでに日本で販売されている。すべて適度な厚みのゴム製で、装着するだけで高い防水・防風効果が期待できる。取り外せばコンパクトに収納できるので、カバンの中に携帯しやすい。


ヴェロトーゼ“トール カバー”

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ