人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.27

ヤマハが北米で新開発2気筒エンジンを搭載したROVレクリエーショナルビーグルを発売

ヤマハ発動機は、RV(=Recreational Vehicle)事業の主力製品であるROV(Recreational Off-highway Vehicle)の新製品として、新開発2気筒エンジン搭載によりオフロード走破性と快適性を両立させたレクリエーショナルモデル『Wolverine X4』を年9月から北米市場などで発売を開始する。生産は米国のグループ会社Yamaha Motor Manufacturing Corporation of America (YMMC)で行なう。メーカー希望小売価格は1万5999 USドルから。

Wolverine X4

『Wolverine X4』は、2015年に導入した2人乗りの『Wolverine』に続くレクリエーショナルモデルで、前後2 列シートの4 人乗りモデルだ。主な特徴としては、まず優れた静粛性と、スムーズで振動の少ないフィーリングによる快適性を実現。そして4人乗車でのオフロード走行に適したパワーを併せ持つ新開発の847cm3・2気筒エンジンを搭載したほか、オフロード走行に最適なスリムでコンパクトな車体と軽快なハンドリングを確保。、後席の座面を跳ね上げシートバックを前席方向へスライドすることで、荷物スペース拡大が可能なシートアレンジ機能などが上げられる。

「Wolverine X4』は、2013年に導入された『VIKING』以降6機種目のROVとなり、業務、レクリエーション、スポーツといった使用目的、乗車人数など、ユーザーのニーズに応えられるラインアップとなりました。同社では今後も販売拡大を目指し、新製品の投入を行っていく予定だ」とコメントしている。 なお、本モデルはナンバープレートを取得して一般公道を走行することはできない。

関連情報

https://www.yamaha-motor.co.jp/

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ