人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.25

シャープが最大5000ページ分の手書きノートと4年分のスケジュール帳を保存できる電子ノートを発売

シャープは最大5000ページの手書きノートと4年分のスケジュール帳を保存できるほか、入力・編集機能が進化した電子ノート『WG-S50』を10月13日より発売する。価格はオープン価格。

WG-S50

電子ノートは、紙のノートに書くように付属のペンで液晶画面に滑らかに書ける「アナログの良さ」と、たくさん書いてもかさばらずに保存ができて、編集しやすい「デジタルの便利さ」を融合した電子ツールだ。今回発売される『WG-S50』の主な特徴としては、まずノートは、目的別に100冊まで作成でき、最大5000ページ分のデータ保存が可能。ノートは9種類のフォーマットが用意されており、用途に応じて使い分けることができる。また、パソコンで作成したノートフォームや同社専用サイトで提供しているコンテンツも取り込んで使用できる。
例えばスケジュール帳には週間や月間など5種類9パターンのフォーマットが用意されており、最大9冊、1000ページ分のデータ保存が可能。1年間で週間2ページ(メモ付)と月間横罫のスケジュール帳を使用した場合、最大で4年分のスケジュール帳を保存することができる。
さらに電子ノートに保存したデータを、パソコンで使える画像データに変換もできる。これによりパソコンから印刷したり、プレゼンテーション資料に貼り付けたりするなど、様々な活用が考えられる。そこで新製品では、ノートで使用しているページをすぐにパソコンで活用できるように、ワンタッチでパソコンとの連携操作が可能なボタンを編集画面に新たに追加している。

編集・入力機能としては、編集画面の範囲を指定し、その内容を他の場所へコピーや移動ができるようになった。たとえば、スケジュール帳に書いた予定が日時変更となった場合、書いた予定内容を範囲指定し、移動させれば、書き直す必要がない。そして直線、円、四角形の描画機能も装備。一覧表や円グラフを書きたいときに活用でき、線の太さは2種類から選べる。

WG-S50

手書きのペンやマーカーは5種類の太さ、3段階の濃さから選択することが可能で、細かい文字を書いたり、表現力豊かなイラストを描いたりすることができる。また、スケジュール帳やビジネスメモなどに便利なスタンプを内蔵。スタンプは同社従来機3倍、120種類に増えている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ