人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.29

映画『僕のワンダフル・ライフ』は愛犬を亡くした人にこそ観てもらいたい

■連載/ペットゥモロー通信

映画『僕のワンダフル・ライフ』と青山尚暉

動物、ペットの福祉でも世界をリードする先進国、そしてマリアが大好きな、世界最高峰のドッグフレンドリー・カーを揃えるVOLVOがあるスウェーデン出身の映画監督ラッセ・ハルストレムによる「マイライフ・アズ・ドッグ」、「HACHI 約束の犬」に続く犬の映画第三弾が、9月29日に公開される「僕のワンダフル・ライフ」(原題A Dog's Purpose)。

実は、鹿児島の崩壊した繁殖場から九死に一生でレスキューされたラブラドールレトリーバーのマリアの生い立ちから東京にやってきてからの生活を綴った、2010年5月から始まった「小学館ブックピープル」の連載本編のタイトルが「マリアの一夜にしてワンダフルライフ」(http://blog.bookpeople.jp/atlas/naoki_aoyama/ 画面右下のカテゴリーアーカイブ マリアの一夜にしてワンダフルライフで第一章からご覧いただけます。小学館PETomorrowでも転載中)。不思議な縁を感じる映画だと思えてなりません。


小学館ブックピープル

なにしろ、マリアの里親になってくれたパパやママは、ラブラドールレトリーバーのマリアを、「僕のワンダフル・ライフ」の主人公でもある、ゴールデンレトリーバーのベイリーと同じ犬種の、わが家の先代犬ゴールデンレトリーバーのナナ先輩の生まれ変わりと信じているからね。


わが家に来たころのマリア3歳


毎年お誕生日を祝ってくれて幸せ(フォレストヒルズ那須にて)


パパとママの記念日も毎年いっしょに祝ってます

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ