人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.22

スマホ疲労にはアスタキサンチンが効くってホント?

疲労に効く成分といえばビタミンCやクエン酸などが有名ですが、“アスタキサンチン”という成分を知っていますか? スマホと疲労の関係性が判明した調査結果、そしてアスタキサンチンの効果についてアスタリール社に聞いてきました。

■疲労は体だけではなく、心も感じている

日本疲労学会によると、疲労とは「過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の減退状態である」と発表されています。肉体的疲労は体がだるいと感じること、精神的疲労は気分の低下、イライラ、集中力がないなどと感じることです。

■デジタルライフによる疲労はスマホから

20~50代の930人に対して行われたアンケート調査によると、1日のなかで最も使用時間が長いデジタル機器はスマートフォン。就業の有無、職種にかかわらず、一番使われているのはスマホでした。

この調査では肉体的疲労の肩こりや腰痛のほかに、精神的疲労の自覚があることがわかりました。「仕事や家事のやる気が起きない」という意欲の低下、「人と話すことが面倒だ」というコミュニケーション欲の低下、「なんとなく生きている感じがする」という生活の充実度にまで影響があらわれていました。

そのなかでも8時間以上の長時間使用者と4時間未満の短時間使用者の回答に注目すると、「疲れがとれない」「気分が落ち込みやすい」「どうして良いかわからなくなる」「職場の人とうまくコミュニケーションが取れない」と答えたのは、スマホを長時間使用している人に多く見られる傾向でした。この結果からデジタル機器のなかでもスマホは疲労を与えているということが言えます。

■精神的疲労の自覚がなくても意識はしておくべき?

アンケート調査のなかで「寝つきがいい」にもかかわらず、「よく寝たと思えない」「就寝中に目覚めることがある」と答えた人が多く、杏林大学名誉教授の古賀良彦先生は「これはウツになっている人の特徴だ」と話していました。疲労感の自覚がない人でも、気づかないうちに精神的に疲労している可能性はあるので、念のため意識しておいたほうがいいかもしれません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ