人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.24

他のジムと何が違う?RIZAP流「トレーナーの育て方」

【他のジムと何が違う?RIZAP流「トレーナーの育て方」】

9/16発売のDIME11月号では見た人すべてに衝撃を与えたビフォー&アフターのCMが話題となったRIZAPを特集しています。

最近ではゴルフや英語、料理など事業を拡大し、アパレルや出版社など企業買収を積極的に進めるなど、急成長を遂げる。RIZAPの成功の秘密をDIMEが総力取材!

@DIMEでは雑誌に収まりきらなかった内容を特別編として掲載します。

今回はRIZAP急成長の立役者といえるRIZAPのトレーナーを取材しました。

他のジムのトレーナーと何が違うのか、ぜひ本誌と合わせてご覧ください。


オンラインでのご購入はこちらから!
Amazon http://amzn.asia/3dhuICT
楽天 http://books.rakuten.co.jp/rb/15115443/
7net http://7net.omni7.jp/detail/1205579111


川本裕和(29)
役職:スタジオ事業部 教育ユニット 新人教育チーム リーダー
ライザップ在籍:5年目
前職:公共の体育館でジムインストラクター兼、民間のジムでパーソナルトレーナー
スポーツ歴:サッカー(小3〜高3)

——ライザップ入社後、どういったステップで現在の役職に就いたのですか?

 現場のトレーナーからいきなり教育担当に異動になりました。当時の社内にはトレーナーの昇格システムがまだ整備されていなかったんです。当時は都内だけでトレーナー研修をやっていて、店舗が増えてきたので関西でも研修をしようとなりました。そういう時、教育担当も増員しようということで、統括トレーナーの幕田さんから私に声がかかりました。

 結構プレッシャーも大きい役職だと自覚しています。トレーナーとカウンセラーの質が低ければ、ライザップは立ちいかなくなるわけですから。目の前の研修生が、ゲストに満足いただける結果を出せるかどうかという視点で物事を見なければいけないので、なかなか難しい仕事です。

——一言で言うのは難しいと思いますが、どういう人がライザップのトレーナーに向いてますか? あるいは向いてませんか?

「寄り添う力」というのを大事にしていますので、誰かのために頑張れる人が一番です。トレーニングの知識があっても、ただそれを提供するだけだったら、その人は別にライザップのトレーナーではなくてもいいと思います。トレーニングを通してゲストさんに幸せになってもらいたいと心から思えなければ、ライザップで仕事を続けることは難しいかなと思いますね。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年9月15日(土) 発売

DIME最新号の特集は「スマホの強化書」「こだわりのコーヒー学」特別付録はOrobiancoとのコラボコーヒーカップスリーブ!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ