みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >5G時代が目前に迫る今『iPhone X』を…

5G時代が目前に迫る今『iPhone X』を買うならどのキャリアが正解?(2017.09.23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついに次世代型のiPhone『iPhone X』が発表された。詳細はここでは触れないが、11月3日の発売が待ち遠しい。

 では、どこの通信回線で買えばいいのか? 5G時代目前でどれが正解なのか、9月13日時点で検証してみたい。

■5G時代を見据えた通信回線選び

 2020年といえば東京オリンピックの開催年だが、モバイル通信の世界では「5G」の年といえる。ドコモは「2020年に」、au、ソフトバンクは「2020年頃に」5Gのサービスをスタートさせると表明している。

 5Gとは「5th Generation」の略で、「第5世代移動通信」という意味。そもそも、第1世代がいつかといえば、初めて携帯電話が登場してアナログ式携帯電話サービスが提供されていた時期だ。2G(第2世代)は1993年に始まったドコモの「mova」など、デジタル方式の携帯電話サービスが提供されていた時代。3G(第3世代)は、2001年に始まった「FOMA」、auの「CDMA 2000 1X」、「Vodafone 3G」や「SoftBank 3G」が提供されていた時期だ。現在は4G(第4世代)で、3Gの通信サービスも混在しているが、おおよそ10年ごとに世代が切り替わってきた。

 日本の4Gでは、だいたい700MHzから3.5GHzの周波数を利用し、LTEやLTE-Advanced、WiMAX 2+というデータ通信規格で携帯電話サービスが提供されている。受信時の通信速度は、理論値でドコモが最大788Mbps、auは最大708Mbps、ソフトバンクは最大612Mbps、UQコミュニケーションズのWiMAX 2+は最大440Mbpsを実現している。

 これが5Gになると、もっと高い周波数帯を使って通信速度は10Gbpsを超えるような超高速通信が可能になる。また、スマートフォンがやり取りする情報量がさらに増え、さまざまなモノもネットワークにつながるようになる。そのためモバイル通信のトラフィック量はさらに増え、2010年比で1000倍以上になると予測されている。自動運転などに重要となる遅延はLTEの10分の1以下、1ミリ秒以下の超低遅延になる。


大容量で高速な通信、多数端末の同時接続、低遅延でありながら低コスト・省電力なのが5Gの特徴(ドコモ 広報誌『テクニカル・ジャーナル』より)。

1 2 3 4 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。