人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.21

猫の歯は人間より多い?少ない?

■連載/ペットゥモロー通信

人間の皆さん、人の大人の歯って何本か知っていますか? 答えは32本。実は私、恥ずかしながら知らずに生きてきましたが、先日、歯科に行ったときに教わってきました。そこで気になったのが、猫の歯。知りたい気持ちが加速したので、全力で調べてきました。

猫の歯の数を発表します。

猫の歯は乳歯だと26本、永久歯だと30本だそうです。人間の歯は、親知らずも含めると32本なので、人間の歯の数とあまり変わらないことに驚きです。あんなに小さな顔に、人間と変わらない歯がついているなんて……。と思い、うちの猫の歯を数えようと思ったのですが、見せてくれませんでした。残念。

でも、人間の歯の数と同じようですが、人間と違う部分もだいぶあるようです。

乳歯から永久歯に生え変わるタイミングは?

猫は、生後2週間の間に乳歯が生え始め、生後1か月から2カ月までには乳歯が生え揃うそうです。人間の赤ちゃんよりも早いんですね。乳歯が生え揃うまでは、子猫ちゃんの口の中は違和感があるようで、いろんなものに噛みつくんですって。逆にいうと、噛みつくことで違和感を解消し、乳歯を強くすることができるんですって。

うちの場合は、生後6か月程度で、引き取ったので、この時期のコードやら靴やらに噛みつくやんちゃな猫ちゃんに遭遇したことはありませんが、生後間もなく引き取った人には、この困ったちゃんな時期を経験したことがある人も少なくないかもしれませんね。

永久歯が生えるのは、生後4~6か月なのだそうです。人間みたいに、乳歯が抜けて歯抜けの時期があるわけではなく、乳歯の隣に生えてくるのだそうです。この時期は、乳歯と永久歯が同時に生えている状態。抜けた乳歯を見つけた人はラッキーです。ぜひ、大切に保管しておくと、いい思い出になるかもしれません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ