人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.24

中国大使が語る日中国交正常化45周年を記念した『チャイナフェスティバル2017』の楽しみ方

 きたる10月21日と22日の2日間にわたり、東京都渋谷区の代々木公園で『チャイナフェスティバル2017』が開催される。日中国交正常化45周年を記念した大規模イベントで、中国の芸能や芸術、グルメ、観光資源など、さまざまな中国のカルチャーを紹介する。日本にいながらにして多様な中国を体感できる交流型イベントとなる見通しだ。

 そこで、この一大イベントを主催する中華人民共和国駐日本国大使館の程永華・中国特命全権大使に、フェスティバルの目的と意気込みを聞いた。


『チャイナフェスティバル2017』の実行委員長を務める程永華・中華人民共和国駐日本国特命全権大使。インタビューも流暢な日本語で答えて頂いた。

「日本を訪れる中国人の観光客数は、年を追うごとに過去最高を更新しています。観光の内容も、〝爆買い〟に象徴される買い物主体から、いわゆる〝体験型〟へとシフトしており、東京だけでなく地方へ訪れる中国人が増えています。

 一方、中国への日本人観光客は、残念ながら2008年をピークとして減少傾向にあります。これは日本人が中国を知る機会が減っていることを意味しているといえるでしょう。

 そこで、中日国交正常化45周年にあたる本年、日本の皆さんに今の中国に触れてもらうため、『チャイナフェスティバル2017』を開催する運びとなりました。

 フェスティバルには、まず、グルメを中心とする100程度のブースが出店します。ひと口に中華料理と言っても、北京、上海、四川、広東など、地域によって味付けは大きく異なります。一度に体験してもらうことで、その違いがより明確に分かるのではないでしょうか」

 本イベントでは、代々木公園で行なわれる他のイベントと同様、多数の飲食店のブースが出展され、様々な中国グルメを一度に味わえる。さらに、「G-1グランプリ」という中国を代表する激辛自慢のお店による人気選手権なども行なわれる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ