人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.20

広報女子、マーケ女子、情シス女子、仕事よりプライベートを優先する職種は?

ビジネスパーソンは職種によって、行動や意識に違いや差はあるのだろうか。そこでマクロミルではマーケティング・広報・情報システムに従事する20~30代の女性の実態を調査。その回答を元に“マーケ女子” “広報女子” “情シス女子”はそれぞれどういうタイプの方が多いのか、仕事とプライベートの線引き、人間関係、恋愛や結婚感などの特徴を比較している。

まず “マーケ女子” “広報女子” “情シス女子”に、仕事とプライベートのどちらを優先しているのかを聞いたところ、職種によって意識の差が見られた。プライベートを優先している割合は、“広報女子”と“情シス女子”がそれぞれ74%、72%と高く、“マーケ女子”は56%で仕事を優先している人も半数ほどいるようだ。
(※本文の数値は、「当てはまる」と「やや当てはまる」の合計、「あまり当てはまらない」「当てはまらない」の合計で記載)

仕事よりもプライベートを優先している

SNSでのコミュニケーション頻度、誰とでも仲良くなれるか、人間関係の広さと深さのタイプに関する質問から、3つの職種の特徴を比較した。“広報女子”は約半数に当たる49%が「SNSでコミュニケーション」を取ることが多いと回答し、「誰とでも仲良くなれる」と回答した割合も59%と高い。“マーケ女子”は、「SNSでコミュニケーション」を取ることが多いと回答した人が35%とやや少ないが、「誰とでも仲良くなれる」は“広報女子”と僅差の57%。また、人間関係が「広くて浅いか」の質問では、“広報女子”の38%、“マーケ女子”の41%が当てはまると回答。しかし“情シス女子”は22%で他の2つの職種に比べて低く、つまり“情シス女子”の78%が、人間関係は「狭くて深い」派であることがわかる。
(※本文の数値は、「当てはまる」と「やや当てはまる」の合計、「あまり当てはまらない」「当てはまらない」の合計で記載)

人間関係は広くて浅い

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ