人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.19

ソニーが独自パネルを搭載した4K HDR対応のホームシアタープロジェクター2機種を発売

ソニーは、家庭で臨場感ある大画面の映像を楽しめる4K HDR対応 ホームシアタープロジェクターとして、独自開発のディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)パネルを搭載し、高精細な映像表現を可能にする新商品を発売する。ラインアップはレーザー光源システムZ-Phosphorを搭載しながら、従来のレーザー搭載モデルより約40%小型化した『VPL-VW745』と、身近な価格で4K HDRの映像を楽しめる『VPL-VW245』の2モデル。
価格と発売日は『VPL-VW745』が170万円で12月9日、『VPL-VW245』が55万円で10月21日。

VPL-VW745

VPL-VW745

両モデル共通の特徴としては、独自開発の高画質ディスプレイデバイス ネイティブ4K SXRDパネルを搭載し、臨場感のある高精細な4K映像を投写する。さらに、データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)により、コンテンツに合わせてデータベースから最適なパターンを照合、分類し、よりきめ細やかな4K映像信号を生成していく。HDの映像信号も高品位な4K映像に変換可能。また、3Dコンテンツも4K解像度で臨場感豊かに楽しむことができる。

そして『VPL-VW745』はレーザー光源搭載のモデルでありながら、奥行約496mmと、従来機種のレーザー搭載モデルよりも約40%コンパクトなサイズを実現。棚に設置する際や天吊りする際の設置性にも配慮している。
光源には、青色レーザーと蛍光体を組み合わせた独自開発のレーザー光源システムZ-Phosphorを採用し、2000ルーメンの豊かな光量を実現した。これとネイティブ4K SXRDパネルとの組み合わせにより、高輝度と高コントラストを両立し、全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、暗い箇所から明るい箇所まで鮮明に表現していく。

またレーザー光源システムZ-Phosphorの採用により、ランプ交換が不要。約2万時間は消耗部品の交換が不要で、長期にわたり使用可能だ。

外形寸法は幅560.0×高さ223.0×奥行き495.0mm(突起部含まず)、約20kg。投影方式は3SXRDパネル・3原色液晶投写方式。パネルはソニー製0.74型4K SXRD 2654万2080画素(884万7360×3)(ハイフレームレート対応)。投写サイズ60-300型(対角・17:9)。本体色はブラック。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ