人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝空飛ぶ盆栽〟は凡才にも回せるか?

2017.09.19

では、お二人も盆栽を回してみますか。レッツトライ! と体験する運びに。

有田焼の上を回る盆栽を外し、再度置くクリス氏。

「簡単そうにみえますよねぇ、けど意外と難しいんですよ。盆栽は磁力で浮いてて、ちょうど良いスイートスポットに入らないとまわらないからねぇ〜」

まずは編集Hがチャレンジ、両手で慎重に盆栽を置くがうまくいかない。ズレているのだろう、有田焼の蓋となる鏡に張り付く。片手で楽々と置くクリス氏を見ているので、編集Hを頓馬に思う。

10回ほど挑戦したが成功0。「ヨシムラさん、やってみてくださいよ」とバトンタッチ。

こーゆー際に、トラブルを起こすタイプと自覚あり。パスしようと思ったが「大丈夫〜優しくすれば」とクリス氏。

やってみた。

5回ほどやったが感覚すらつかめない。想像以上に難しい「Hさん、どうぞ」と譲る。5分ほどやり続けた編集Hの盆栽が遂に回った、成功である。

「終わった、よし帰りますか!」と言おうと思った刹那「せっかくだから、アナタも回したほうがいいわよぉ」とクリス氏。

再度、僕のターン。両手に盆栽を持ちスイートスポットを探る、横ではクリス氏が「もっと奥、違う横、あぁそこじゃない」と指示。

5分ほど触っていると要領が分かってくる。

「ココだ」

「あぁ、おしい」

「ココか」

「うぅーん、違う」

「ココ!」

「そぉ〜」

と遂に盆栽が小気味良く回転を始める。一度感覚をつかめば次は簡単、自転車に始めて乗った幼少時代を思い出す。

「じゃ〜、また遊びに来てくださいねぇ」と見送られて帰路につく2人。今、この瞬間、あの盆栽は回っているのだろうか。

「星人」、僕ならどう宣伝するか?

盆栽をセットに悪戦苦闘したが、成功するとやっぱ気持ちいい。両手で盆栽を置く際は、集中力が必須。言ってしまえばプチ瞑想状態、心を無にする必要がある。

こーいったジャポニズム感全開にしたイベントをやったら良い気がする。お坊さんを呼んだりなんかして。

<星人空中盆栽園>
公式WEB SITE:http://hoshinchu.com

文/ヨシムラヒロム

1986年東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。
イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使、五反田コワーキングスペースPaoで週一度開かれるイベント「微学校」の校長など幅広く活動。
2016年3月に単著デビュー作「美大生図鑑」を上辞。購入したい方はコチラから

美大生図鑑

■連載/ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。