人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝空飛ぶ盆栽〟は凡才にも回せるか?

2017.09.19

2階にある事務所で、我々を迎えてくれたのが「空飛ぶ盆栽」のスタッフのクリス宮島氏。「いらっしゃ〜い」とテンション高めの大歓迎。靴を脱いであがってね、と床は人工芝。端に机や事務用品が並ぶ。真ん中の空いたスペースには、三角に置かれた三つの椅子。「どうぞ、座って〜」と案内されて着席、小さなトライアングルに3人。「僕らの時代」みたいだ。

そして、視線を横にすれば和ダンスの上でFlying Bonsai。

「あ〜、この取材でしたよね」と麗しき手つきで盆栽を触るクリス氏。編集Hが成り立ちを聞いた。

「空飛ぶ盆栽、正式名称は星人(せいちゅう)といいます。2016年にアメリカのクラウドファンディング"Kickstarter"にて発表して、多くの反響をいただき〜今に至るんです」

1人で巨額のパトロンではなく、多くのファンを作り、アートを作る。今っぽい芸術作品のあり方を目にする。

「星人、全てメイドインジャパンのモノを使用しているんです。台座は有田焼、コケは山形産、石は桜島産です。有田焼の下に引いてある座布団は着物のリメイク。この一式が入るのが〜、この桐箱となっています」

見るからに豪華そうであったが、そりゃ当然なのだ。

「見ていると、地球を思い浮かべますよねぇ。それがコンセプトなんです。回る盆栽を大事にし、愛でるように、地球にも優しくしようってことなんです」

ふmふm。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。