みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >IT・モバイル
  3. >Fintechでペーパーレス化が進むコン…

Fintechでペーパーレス化が進むコンビニ決済の未来(2017.09.19)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC(日本電気)とSMBC(三井住友銀行)が共同出資で設立したbrees(ブリースコーポレーション)は、スマートフォンを使って「コンビニ支払」ができるサービスを2016年8月31日に発表した。このサービスでは、公共料金や通信販売の代金などをコンビニ収納サービスで支払う際に紙に印刷して郵送されていた払込票を、スマートフォンの画面に表示することでペーパーレス化。払込票の印刷や郵送コストの削減、払込票を受け付けるコンビニの管理コスト軽減などが実現できる。いわゆるFintech(フィンテック)の一つである。 breesで提供されるビジネススキーム。コンビニ支払で代金を受け取りたい「請求事業者」が請...

@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2017 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。