みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >ゆとり世代を理解できない上司にささ…

ゆとり世代を理解できない上司にささげる部下のタイプ別対処法(2017.09.16)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミレニアル世代、ゆとり世代などの部下を持つ30~50代の上司にとって、日頃から「どう指導していいか分からない」「下手に怒るといつ辞めると言い出すか分からない」などの悩みもあるのではないだろうか。

一つの対策として、部下の普遍的なタイプを把握して、それぞれの特徴に適した方法で接するという方法がある。今、人材研修で実際に使用しているというその部下のタイプ別対処法を、株式会社リクルートマネジメントソリューションズの担当者に聞いた。

■部下を4つのタイプに分類

株式会社リクルートマネジメントソリューションズによると、部下は次の4つのタイプに分類されるという。そして同時に苦手な仕事があるようだ。合わせてチェックしておこう。

タイプA「ドライビング」
~群れずに仕事をさっさと片付けていく「有能」な部下~

目の前にタスクが溜まっていることを嫌い、スピーディに仕事を処理していく。周囲からは有能な人と思われている。一方、目的志向の高さと集中力からとっつき辛い人と敬遠されることもある。

×苦手な仕事
目的を最短で達成したい合理的なタイプのため、目的が不明確な仕事や何となく進めていく会議などはストレスが溜まる。はっきりと物事を主張するため、周囲との軋轢を生むこともある。

タイプB「アナリティカル」
~職人気質で細部までこだわった仕事をする「緻密」な部下~

多くの情報を集め、丁寧に正確に仕事を積み上げていく。データが大好きで周囲からは緻密な人と思われている。一方、依頼されてもいない過剰な手間と時間をかけることもある。

×苦手な仕事
細かい抜け漏れやグラフやフォントのズレまで気になるため、丁寧だが、時間がかかることもある。ミスを恐れてチャレンジをしたがらない傾向にある。簡単に済ませるべき仕事に対しても過度な時間と労力をかけていることがある。

タイプC「エクスプレッシブ」
~人気があり職場のムードを作る「元気」な部下~

持ち前の明るさで周囲を明るくさせる。失敗を恐れずにチャレンジする突破力もある。

一方、勢いで行動して失敗することも多く、「お調子者」と思われることもある。

×苦手な仕事
細かく正確さを求められる仕事は苦手とし、ミスをしたり期限を忘れたりしてしまうこともある。

タイプD「エミアブル」
~人間関係を大事にする「温厚」な部下~

協調性が高く何事にも嫌な顔をせずに対応をし、「いい人」と呼ばれることが多い。一方、争いを好まず周囲に常に気を遣うあまり、「優柔不断」と思われることもある。

×苦手な仕事
責任が重く一人で決定しなければいけない仕事は苦手とし、プレッシャーをかけたり、詰め寄られたりすると萎縮してしまう。頼まれると基本断ることができないため、仕事を溜め込んでしまう傾向がある。

1 2 3 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。