人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.18

AM1時から6時まで使い放題のnuroモバイル「深夜割」でトクする人は?

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

 スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は、nuroモバイルの深夜割について話し合います。

■懐かしい? nuroモバイルの「深夜割」

房野氏:nuroモバイルから、「時間プラン」の中に、新たに1時から6時まで使い放題となる「深夜割」が登場しました。これについてどう思われますか。


房野氏

石野氏:ひとことで言うと「テレホーダイ」(NTT東西が提供している電話サービス。深夜早朝の時間帯に限り、定額料金で2つまでの電話番号がかけ放題になる。通称テレホ)のようですね。すごく懐かしい感じがしましたが、ああいう時間制約プランって割と昔からあって、通話は結構多かったですね。その昔、ドコモにも「ドニーチョ」(土日祝日の終日と平日の深夜早朝のみ利用できるプラン)がありました。


石野氏

法林氏:ドニーチョ、古過ぎるわ。


法林氏

石野氏:テレホーダイまでさかのぼるんだったら、いいでしょう(笑)。もう少し最近の話だと、BIGLOBEも昔、デイタイムプランをやっていた。空いている帯域を安くして、そこにユーザーを詰めるっていうのは、通信事業やプロバイダ業の基本というか、nuroモバイルが「5時間プラン」を出した後に深夜割を出してきたのは自然だと思いました。ただ、よく考えると、深夜割は安いからといって、どれだけ使う人がいるかはちょっと疑問。深夜に働いている人向けかなと思ったんですけど、働いている間はスマホをそこまで使えないと思うと、深夜から明け方までガッツリ暇な人って、どういう人だろうなと。ユーザーの具体像が浮かばなかったのは事実です。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ