人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.16

尿酸値を気にしている人必読!専門家に聞くプリン体対策のポイント

ここ最近、さまざまな「プリン体」対策商品が登場している。「プリン体」とは、細胞の核を構成する物質であり、人間が生きていく上で必要不可欠なエネルギーの源。ただし、「プリン体」の過剰摂取は、「尿酸値」の上昇につながる場合があり、痛風や高尿酸血症など、主に尿酸を原因とする病気のリスクが高まるため、近年、対策が重要視されている。

また、夏は「尿酸値」が上がりやすい季節と言われており、その一因となる「プリン体」の摂り過ぎには、よりいっそう注意が必要だ。生活者の意識・実態に関する調査を行なうトレンド総研はこのほど、30〜50代の働く男女500名を対象に、「尿酸値とプリン体摂取」に関する意識・実態調査を実施。そして、専門家に「プリン体」の対策ポイントを解説してもらった。

「尿酸値とプリン体摂取」に関する意識・実態調査

■男性の約半数が「尿酸値」を気にするが、「夏にリスクが高まる」ことはあまり知られていない!?

まず、「あなたは尿酸値を気にしていますか?」と聞いたところ、39%と約4割が「気にしている」と回答。特に男性は、女性に比べて「気にしている」人が多い傾向にあり、男性のみに絞るとその割合は49%と約半数にのぼっている。

「尿酸値とプリン体摂取」に関する意識・実態調査

ちなみに、「尿酸値を気にするようになった年齢」を聞くと、平均で「40.2歳」という結果に。40代に突入すると、尿酸値への懸念が生じやすくなるようだ。なお、「尿酸値を気にするようになったきっかけ」としては、「健康診断で尿酸値が上昇していたから」(38%)、「メディアで尿酸値に関する情報を見たから」(28%)、「お酒をよく飲むから」(25%)などが上位となった。

また、季節では夏は尿酸値が上昇しやすく、より一層の対策が求められると言える。しかし、普段から尿酸値を気にしている人でも、「夏は尿酸値上昇のリスクが高まる」ことを知っていた人は23%と、わずか2割台にとどまった。

「尿酸値とプリン体摂取」に関する意識・実態調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ