人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.15

SLにもリバティにも乗れる!「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」で行く鉄道三昧の旅

東武鉄道では、2017年8月10日から2018年3月末まで(追記、同年4月から通年発売)「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」を下今市、東武日光、鬼怒川温泉の3駅で発売している。

 
「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」は、3駅の硬券入場券(別売)をはさむと、記念乗車券を買ったような気分にさせてくれる

日光線下今市―東武日光間、鬼怒川線全線(下今市―新藤原間)1日乗り放題の乗車券で、お値段は大人500円、子供250円。大人乗車券250円区間(PASMO、Suicaなどの交通系ICカードは308円区間)を往復するだけでモトがとれる。

上記区間で特急に乗車する場合、リバティ(座席を確保したい場合は特急券が必要)以外の列車は特急券、SL〈大樹〉に乗車する場合はSL座席指定券が必要となる。

■まずは『東武時刻表』を買おう

東武の列車に乗って、日光・鬼怒川エリアなどへ旅行する際は、『東武時刻表』の購入をオススメする(税込600円。駅売店や構内の本屋、書泉グランデなどで販売)。

首都圏側は運転本数が多く、初電、終電、遠方移動をのぞき、“時刻表いらずのダイヤ”に対し、日光・鬼怒川エリアは少ない。快速〈AIZUマウントエクスプレス〉及び各駅停車の日光線下今市―東武日光間は毎時2~3本に対し、鬼怒川線は毎時1~3本。効率よく移動するには、『東武時刻表』で調べたほうがよい。

■「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」は、1泊2日もしくは日帰りに適した乗車券

東武によると、「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」は着地型商品としての性格をもつという。乗客には日光・鬼怒川エリアにおける最初の目的地(上記3駅のいずれか)で購入し、さらなる回遊に利用いただくことを目的としている。

さらに、日光・鬼怒川エリアには、魅力あふれる観光ポイントが数多くある。例えば1泊2日の旅行をする際、初日は日光エリアをまわり、翌日に「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」で鬼怒川エリアを回遊後、下今市まで戻って帰路につく。というパターンを想定しているそうだ。

なお、東武では「まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス」などの商品も販売しており、2泊以上の旅行をする際は、こちらを使うとよい。日光・鬼怒川地区フリー区間の鉄道とバスが乗り降り自由と、乗車駅から下今市までの割引往復運賃などがセットに1なっており、回遊性がより高い。

さて、日帰りで「日光・鬼怒川エリア鉄道乗り放題きっぷ」を使う計画をたてるなら、事前に駅の運賃表、もしくは『東武時刻表』で下記の運賃を調べるとよい。

☆日光線下りから日光・鬼怒川方面へ向かう場合

1.乗車駅―下今市・東武日光間の運賃が同額の場合は、東武日光で購入。なお、下今市で列車の停車時間、乗り換え時間が長い場合は、ここで購入したほうがよい。

2.乗車駅―下今市・鬼怒川温泉間の運賃が同額の場合は、鬼怒川温泉で購入。なお、下今市で列車の停車時間、乗り換え時間が長い場合は、ここで購入したほうがよい。

3.乗車駅―下今市・東武日光・鬼怒川温泉間の運賃が異なる場合は、下今市で購入。

☆鬼怒川線上りから鬼怒川・日光方面へ向かう場合

4.鬼怒川線新藤原―鬼怒川温泉間の運賃を支払い、鬼怒川温泉下車時に購入。

 ここからは皆様に観光ポイントを御提案しよう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。