人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.22

観る前に見る解説書!犬の生まれ変わりを描いた感動作『僕のワンダフル・ライフ』の魅力

■連載/ペットゥモロー通信

『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』など犬が出演する映画を数々手掛けてきた名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作にして、ドッグシリーズの集大成ともいえる映画『僕のワンダフル・ライフ』が9月29日(金)より日本で公開される。

ゴールデン・レトリバーの子犬・ベイリーの最愛の人は、自分の命を救ってくれた少年・イーサン。一匹と一人は固いきずなで結ばれていく。だけど、犬の寿命は人間よりもうんと短い。ついにベイリーが旅立つ日が来てしまう……のだが、ベイリーの愛は不死身だった。ベイリーはイーさんに会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すが、そう簡単にはイーさんと巡り合うことができない。ようやく3度目の生まれ変わりでイーサンとの再会を果たしたベイリーは、自らに与えられた“重要な使命”に気付く。

原題は「ア・ドッグス・パーパス」。原作はW.ブルース・キャメロン氏。愛犬を失くした恋人のためにかいた小説『野良犬トビーの愛すべき転生』(新潮文庫刊)。愛犬と飼い主の関係性に胸を打たれた読者から熱狂的な支持を集め、米ニューヨーク・タイムズのベストセラー1位の座を1年以上キープするのみならず、日本を始め世界29か国、20の言語に翻訳されている。

犬の生きる目的を問う一方で、愛犬が転生し、もう一度会いに来てくれたらという、たくさんの愛犬家たちの夢をかなえてくれるストーリー。感動作に出演した登場人物たちも魅力的。そこで、今回は、出演者たちにクローズアップしよう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ