人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.13

旬の秋鮭を美味しく食べるコツは「○○を加えること」

秋の味覚の一つといえば鮭。9~12月頃に川下から上ってくる秋鮭は日本の風物詩の一つにも数えられる。この秋鮭は、紅鮭やサーモンとはどう違うのか。そしてその味や食感にはどのような特徴があるのか、魚料理に詳しいフードコーディネーターに聞いた。秋の味覚を存分に楽しむヒントとして知っておこう。

■秋鮭とは

鮭になぜ季節の名がついているのか。それは、ちょうど9月~12月の秋から冬にかけての時期に漁獲するからである。この秋鮭は「白鮭」の一つである。

スーパーなどでよく見かける切り身の鮭には、紅鮭や白鮭、キングサーモンなどがある。それぞれどんな特徴があるのか。

鮭は川で生まれ、海で泳いで成長するが、産卵のために川や湖に戻ってくる。紅鮭は湖に上り、白鮭は川に上るという違いがある。白鮭には、秋鮭の他に、春から夏の時期に獲れる「時鮭(時知らず)」もある。時鮭は産卵前に捕獲されるため脂がたっぷりあるのが特徴だ。


時鮭

またキングサーモンと呼ばれるものは、アラスカなど北太平洋に広く生息している。とても大ぶりの体長が特徴で、こちらも脂がのっている。

これらの中でも秋鮭は、脂が少ないのが特徴といえる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ