人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.13

「どこよりも通信速度を高く、料金を安くする」UQコミュニケーションズ野坂社長に聞く10年の軌跡

 安定した高速度通信と、格安スマホにならぶ低料金でユーザー数を急激に増やしている「UQ mobile」。このサービスを提供しているUQコミュニケーションズが8月29日で設立10周年を迎えた。今回、野坂章雄社長に独占インタビューを行い、先進層に支持されてきたWiMAX事業と、幅広い層を取り込んでいるUQ mobileの2本柱で進めてきたこの10年の歩みと、UQコミュニケーションズの未来について話を聞いた。

■Universal Qualityを目指すUQ

 UQコミュニケーションズの設立は2007年。社名の「UQ」とはUniversal Qualityを表していて「世界標準」「普遍」といった意味になる。UQには他にもUbiquitous(ユビキタス)、Quality(高品質)、Quantities(大容量)、Quickness(高速)といった意味を持たせており、モバイルインターネットで社会と世界を豊かにしたいという理念を表している。

 UQコミュニケーションズはモバイルデータ通信事業の「WiMAX」と、スマートフォンサービスの「UQ mobile」の2つの事業を展開している。WiMAXは主にパソコン用のモバイルルーターで先進層に知られてきたが、最近はY!mobileや格安スマホに対抗するUQ mobileが一般にもよく知られるようになった。深田恭子、多部未華子、永野芽郁が三姉妹として登場するCMを見たことがあるだろうが、認知度は90%を超えたという。


©FUJITV KIDS

 野坂社長は、UQコミュニケーションズの10年の歩みを、WiMAXの実証実験が成功し、ワイヤレスブロードバンド企画が設立された2007年から2011年までの創業期、通信速度が上がったWiMAX 2+が導入され、浸透する2012年から2015年の成長期、KDDIバリューイネイブラーと合併しUQ mobileを開始した2015年後半から現在までをスマホ事業の立ち上げ期として捉えている。WiMAXは、2007年にUQの前身であるワイヤレスブロードバンド企画が設立されてからこれまで10年間、ずっと取り組んできた事業だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ