人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.13

今年の紅葉、見頃は平年並、東・西日本は鮮やかな色づきに期待

ウェザーニューズから、秋の紅葉シーズンに向けて全国の紅葉見頃予想が発表された。今年もすでに北海道大雪山旭岳など標高が高い山では少しずつ色付きが始まっているが、9月の全国的な残暑の影響と10月も北海道では気温が高めの予想から、北日本や東日本の標高が高い山では見頃がやや遅くなるとの見立てだ。

一方、東北の平野部から九州では10、11月ともに気温が平年並となる予想で、東・西日本を中心に平年並の時期に紅葉を楽しめるという。また、全国的に適度な日照や雨、気温低下が見込めることから、特に東・西日本で鮮やかな紅葉が期待できる。

代表的な名所の見頃は、山形蔵王(山形県)は10月5日頃から、いろは坂(栃木県)は10月20日頃から、嵐山(京都府)は11月20日頃からの予想。このほか全国750か所の名所ごとの見頃予想日や紅葉狩りの計画に役立つ情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「紅葉Ch.」などで近日公開される予定だ。

・北海道は平年より遅く、東北の平野部から九州は平年並に見頃を迎える予想
葉が色付く時期は秋の気温と深く関係しており、気温が低いと色付く時期が早くなり、高いと遅くなる。今年の秋は、9月は全国的に残暑が厳しくなるところが多く、10月も北海道では平年より気温が高め。このため、平年9、10月に見頃を迎える北日本や東日本の標高が高い山では、見頃がやや遅くなる可能性があるという。
東北から九州では10、11月とも平年並の気温になる予想で、東・西日本を中心に平年並の見頃を迎えるところが多くなりそう。12月は、平年よりも低めの気温が予想されるところが多いことから、平年この時期に見頃を迎える東京都心などの市街地では平年より少し早めに色づくと同社では予想している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。