みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >エンタメ
  3. >バーミヤンで全国のご当地ラーメンが…

バーミヤンで全国のご当地ラーメンが食べられる「6種味くらべ ご当地ラーメン祭り」開催中(2017.09.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

 昨年開催されたフェア「三大ラーメン祭り」が好評を博した「バーミヤン」で、今年はさらにブラッシュアップした「6種味くらべ ご当地ラーメン祭り」が11月15日まで開催されている。

 今年のラインナップは「札幌味噌ラーメン」(749円・税抜以下同)「喜多方ラーメン」(699円)「博多とんこつラーメン」(699円)の三大ご当地ラーメンに加え、ご当地色の強い「名古屋 台湾ラーメン」(699円)、「富山ブラックラーメン」(699円)、「肉盛り徳島ラーメン」(749円)の6種類を提供する。

◆札幌味噌ラーメン

 今回のフェアでイチオシなのが定番の札幌味噌ラーメン。スープのベースとなるのは昨年登場した「炙り叉焼と黒マー油の味噌ラーメン」と同じく、米味噌、豆味噌、麦味噌を絶妙なバランスで調合した3種類の味噌。フェアに登場する麺はすべて自家製麺で、味噌ラーメンは中太麺を使用。自家製の焼き豚と玉ねぎ、もやしを炒めたボリューム感のある味噌ラーメンになっている。

「最近のSNSなどのトレンドを見ると、絵力があるからか味噌ラーメンが多く登場している。幅広い年代の方に好かれる、間口の広い味が味噌ラーメンで、昨年の三大ラーメンでも『炙り叉焼と黒マー油の味噌ラーメン』が好評でグランドメニュー化したことから、今年は味噌ラーメンをイチオシで行うことになった。ベースとなる3種の味噌は昨年と同じだが、3つの味噌を使うことで塩味が強くかからないし、まろやかさや甘み、コクを出すためにごまやピーナッツをプラスしている。今年は豆板醤で野菜を炒めて少し辛みを出し、札幌味噌ラーメンの特徴である炒めた野菜を味噌スープで煮込んで、野菜の甘みも出して食べやすい味に仕上げている」(バーミヤン メニュー開発担当 関根 努さん)

1 2 3 4 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。