人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.09.13

スマホ購入時に重視するポイント「画面の大きさ」「性能・スペック」が8割超

総務省「平成26年通信利用動向調査」によれば、スマートフォンの世帯普及率は64.7%。世帯主の世代別では、20歳代で94.5%、30歳代で92.4%と90%を超え、40歳代、50歳代も70%を超えている。さらに60歳以上の高齢層でも、36.7%と40%に迫る保有率となっている。

そんな中、MMD研究所は大手3キャリアから発売された主要スマートフォン端末シリーズ(AQUOS、arrows、Galaxy、iPhone、Xperia)の最新最上位端末のユーザー(AQUOS R n=100、arrows NX n=100、Galaxy S8 n=100、iPhone 7 n=100、Xperia XZ Premium n=100)(記載はABC順)計500名を対象に「大手3キャリア 主要スマートフォン最上位機種の購入前意識調査」を実施した。

大手3キャリアから発売された主要スマートフォン端末シリーズの最新最上位端末のユーザー(n=500)を対象に、現在利用している端末を購入する際に重視した項目を聞いたところ、「重視した」と「やや重視した」の割合を合算した数値は「画面の大きさ」が80.8%で最も高く、「性能・スペック(80.6%)」「バッテリー持ち・充電(79.0%)」が続いた。

また、それぞれの端末ユーザーが購入の際最も重視したことで見ると、AQUOS Rユーザーが「バッテリー持ち・充電」、arrows NXユーザーが「壊れにくさ・頑丈さ」「性能・スペック」(同率1位)、Galaxy S8ユーザーが「端末のサイズ感」、iPhone 7ユーザーが「操作性」、Xperia XZ Premiumユーザーが「画面の大きさ」となり、それぞれの端末ユーザーで重視する項目が異なる結果が出た。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ